現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリ

    液晶パネルの豆知識

    今日のパソコンの進化によって液晶パネルも進化してきました。
    テレビなどでは大型の液晶が主流になってきましたが、パソコンでは小型の液晶が主流です。
    パソコンの液晶はテレビなどの大型液晶と違い解像度という概念によって画面に一度に表示できる情報量がかわってきます。
    特に中古パソコンにおいては、液晶の経年劣化による変化もあり購入される前にぜひ知っていただきたい情報をまとめてみました、ぜひ参考にしてください。

    解像度(表示領域)

    解像度とは画面上にあるドット数の事をいい、1ドットの幅を1ピクセル(px)という単位で表します。
    同じ画面サイズで解像度が増えると一画面に表示できる情報量は増えますが、文字は小さくなります。

    種類 解像度(px) 説明
    SVGA 800×600px 古いパソコン等で採用、最近はほとんど見かけなくなりました。
    XGA 1024×768px 中古パソコンでは最もポピュラーな解像度、ほとんどのWebページの横幅はこの解像度を元に設計されています。
    WXGA 1280×768px 最近の新しいモデルで主流の解像度、横幅が広い分、WEBページを見る際も左右に余裕がありデスクトップを効率的に使えます。
    SXGA 1280×1024px 仕事でデータベースを扱う場合やグラフィックデザイン等では、一画面にたくさんの情報を表示できるのでありがたい。
    SXGA+ 1400×1050px SXGAより少し広い、一部の15インチ液晶搭載ノートPCで採用。解像度が高い分、文字のサイズは小さくなるので注意。
    UXGA 1600×1200px 17インチや19インチの液晶で採用、グラフィック関連の仕事等に最適な解像度。
    WUXGA 1920×1200px UXGAのワイド版
    FHD 1980×1080px 今後増えてくるフルハイビジョンの解像度です。

    液晶のサイズ

    液晶のサイズは長方形の対角線をインチであらわします。1インチはおよそ2.54センチメートルです。

    サイズ 説明
    10.4インチ以下 主にA5サイズ以下のネットブックなどの小型ノートに採用、9インチ、8.4インチなど小さいものもある。
    12.1インチ 主にB5サイズのモバイルノートパソコンに採用、解像度はXGAが主流、新しいモデルはWXGA等もある。
    13.3インチ 主にB5大サイズのノートパソコンに採用、解像度はXGAが主流、新しいモデルはWXGA等もある。
    14.1インチ 主にA4サイズのノートパソコンに採用、解像度はXGAが主流、新しいモデルはWXGA等もある。
    15インチ ノートパソコンではほぼ最大級の大きさ、XGA以外にSXGA+の解像度にも対応、デスクトップの液晶では小型の液晶としても使われる。
    15.4インチ 新しいモデルのA4ノートパソコンに採用、解像度はWXGAが主流。
    17インチ デスクトップパソコンの標準的な液晶サイズ、解像度はSXGAが主流、日常利用には十分のサイズ。
    19インチ以上 デスクトップパソコンの大型の液晶サイズ、解像度はUXGA以上が主流、グラフィック関係の仕事に向いたサイズ。

    経年劣化

    液晶には寿命があります、おおむね大事に使えば10年程度使えますが、中古パソコンは平均5年程度利用されているので、経年劣化の一部が出始める時期でもあります。

    黄ばみ
    黄ばみ
    バックライトの消耗や日焼け等が原因で液晶が全体的に黄ばんで見える。
    色むら
    色むら
    外的な衝撃等が原因で一部暗かったり明るかったり変色したりなど色むらが出ることがある。
    赤面
    赤面
    バックライトの消耗が原因で液晶が全体的や一部が赤らんで見える。
    バックライト消耗
    バックライト消耗
    全体的な輝度が低下し画面が暗くなったり変色したりする。
    起動時赤面
    起動時赤面
    バックライトの消耗が原因で通電して1分程度赤く見えるが、しばらくすると元に戻る。
    ちらつき
    ちらつき
    ヒンジ部分等の稼動部分の結線やその他の接触不良が原因で画面を動かした際に画面がちらつく。

    物理的損傷

    主に落としたり上に重たいものを置いたりする外的要因が原因で故障することがあります。またバックライトに関しては寿命があります。

    傷

    硬いものがあたってできる引っかき傷など。
    線

    落としたり振動や変な力をかけたりすると線が入る事がある。縦にも横にも入ることがある。
    ドット抜け
    ドット抜け
    新品でも製造過程でいくつかは抜ける事がありますが、衝撃などにより部分的に映らなくなる事があります
    断線
    断線
    液晶につながっている線のいずれかが切れたり接触不良を起こすと全く映らなくなることがある
    割れ
    割れ
    落としたりして液晶自体にひびが入り液漏れなどを起こす状態
    バックライト故障
    バックライト故障
    液晶で最も寿命の短い部分、バックライトが故障するとほとんど見えなくなる